熱中症・適切な対応で命を救えます

ライフ

立秋が過ぎて暦の上では秋ですが、太平洋高気圧は相変わらず広い範囲で勢力を維持している状態で、体温よりも高い気温になる日も、珍しくはない状況が続いている上に、今年はコロナ禍でマスクを着けている時間が長いために体温を放出することが出来難いために、熱中症で亡くなる人が多くなっています。

新型コロナ感染症で亡くなる人よりも、熱中症で救急搬送されて亡くなる人の方が多いという現実は、感染症を防ぐために防護用の装備をすることによって命を落とすことになるという皮肉なことになっています。

全国で数百人単位の人達が救急車で搬送され、元々健康面で問題のある人とか高齢者のみならず若い人も命を落としているのが実態です。

ウイルスを第一の危険因子と考えて、エアコンを停止させて部屋の窓を開けて換気をしましょうという厚労省の指針に素直に応じて窓を開け放っている人もいるようですが、特に都市部においては高い温度の空気が上空からだけでなくアスファルトの照り返しによって下からも上がって来るヒートアイランド現象によって自然の空気だけ適温を保つことは無理です。

 

 

一般論として人間は体温が42℃を超えると細胞が死んでしまうので40℃までが外気温の許容範囲であり、それを超えてしまうと本人の意思によって自分の体を守ろうとする行動が出来なくなってしまいます。

 

屋外はもちろん、室内であっても頭痛とか吐き気がしたりして体が熱を持っているように感じた時には、すでに熱中症の重症期に至るアラートが鳴り響いている状態ですから早急に熱中症の対応をしないと死に至ります。

 

熱中症で意識障害が出ているレベルの人を病院に連れて行くとしても緊急的に行なうことで症状を和らげることの出来る方法はありますかので、まず簡単に出来て効果的なことをして悪化を防ぐことが大切です。

スポンサーリンク

有効でかつ医師でなくても出来ることは二つあります。
一つは体を冷やして体温を下げること、もう一つは水分を摂ることです。

男女に限らず、意識のない人を人目のあるところで裸にすることは出来ませんが、出来る限り軽装にして濡れタオルをかけて扇風機で冷やすこと、もしも氷があれば、ビニール袋に水と一緒に入れて(あまり多くしない)わきの下や脚の付け根(股間部分)首の後ろなど太い血管が通っていて、素早く血液の温度を下げることが出来る部分を冷やすと体温を下げる時間を短縮できます。

但し、あまり急激に体温を下げると熱中症によって体温の調節機能が働かない状態になっていますから、体温が下がり過ぎてしまうことがあるので、38℃程まで下がった段階で氷水での緊急対応は止めます。

ある程度、体温を下げた段階で発症者が自力で水を飲むことが状態になったら水ではなく塩分と糖分を混ぜた経口保水液を飲ませます。

自力で飲めない人に水を飲ませようとすると、器官に水が入って最悪の場合には陸上にいながら溺死することになりますから、自分の意志で水を飲める人以外に水を飲ませることは止めましょう。

体温が上昇したことで、水分とミネラル分が発汗として出てしまっているので水だけを飲ませると、体内のバランスが崩れて体調を崩してしまいます。

また短時間で多量に水を飲むと水中毒の症状が出ますから無理は禁物です。
様子を見ながら水1リットルに対して、砂糖40gと食塩3gを溶かした保水液を飲ませるようにします。

スポーツドリンクがあれば、それで良いですが家に常備してなくても砂糖と塩なら一般家庭にあると思いますので、手早く混ぜ合わせて作ることが可能ですから、冷蔵庫に余裕があれば冷やして常備しておくと良いです。

基本的に素人が出来るのはここまでです。
焦点が定まらず呼びかけても意識が朦朧としているとか、質問に対して不適格な答えしか出来ないような状態、また水を飲むことも体が思うように動かない状態の人に経口保水液を飲ませることなんて出来ませんので、早急に救急車を呼んで設備の整った病院で治療してもらうようにして下さい。

発汗が多い時には水だけではなく塩分を摂ることが大切ですから、外出時には応急対応用の小梅とか、のし梅(梅干しの種を外して延ばしたお菓子)、塩飴などを持って行くと急激な意識の喪失を避けることが出来るはずです。

コメント